BEAUTY

マスクメイクのポイントは?アイメイクやベースのやり方を分かりやすく解説!

マスクをしている時のメイクって、どうしてますか?マスクをすると、顔の半分を隠すことができるので、伊達マスクでかわいさプラスを狙っている人も多いのではないでしょうか?しかし、マスクを付けてメイクをすると、崩れやすいというデメリットもあります。マスクをしている時のメイクのポイントややり方をご紹介します。

マスクメイクのポイントは?

 

マスクをしている時のメイクのポイントは、見える所はしっかりとメイクをするということです。マスクをすると、顔の半分は隠れてしまうことになります。そうすると、メイクをしたきちんと感を出すことができるのは、顔の上半分ということになります。

マスクメイクは、メイクをする部分が少ないということと、顔の下半分のコンプレックスを隠すことができる、というメリットがあります。

このメリットを最大限に活かしたメイクをしていきましょう。

他に注意しなくてはいけない部分としては、ファンデーションです。ファンデーションをしながらマスクをすると、どうしてもマスクにファンデーションが付いてしまいますよね。

マスクをすることで、ファンデーションがよれてしまう可能性も出てきます。ファンデーションをした状態で、マスクメイクを楽しむためには、よれにくくする工夫をしていく必要があります。

マスクを付けてメイクをする時は、力を入れる所はしっかりと力を入れて、力を抜いても大丈夫な部分に関しては抜く、というメリハリが大切になります。

マスクメイクのやり方【1】ベースメイク

 

@mimi021418がシェアした投稿 -

マスクメイクのベースメイクについてご紹介します。マスクをするということは、ベースメイク自体ほとんど見えなくなります。お肌に負担をかけないという意味でも、下地だけにしたり、見える所に必要最低限するだけでも十分です。

どうしてもベースメイクをしたいという人は、崩れないやり方で塗っていきましょう。

■化粧下地
化粧下地は崩れにくいタイプのものを選びます。マスクメイクでベースがよれやすくなるのは、摩擦と湿気が原因です。保湿力の高い下地よりも、皮脂を吸着する成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。

あくまで、化粧下地は薄く塗っていきます。肌はマスクでほとんど隠れるので、化粧下地だけで仕上げても十分です。

■ファンデーション
ファンデーションをつけると、よれる確率は非常に高くなります。肌にしっかりとフィットするものを選ぶ必要があるので、リキッドファンデーションをおすすめします。

リキッドファンデーションを全体に塗ったら、必ず余分なファンデーションをオフします。スポンジで肌全体を叩き込みながら、余分なファンデーションをオフし肌にしっかりと密着させていきましょう。

■フェイスパウダー
ベースメイクをよれにくくするためには、フェイスパウダーがとても重要です。摩擦によるメイク崩れを防ぐためにも、表面をさらっと仕上げていきましょう。

特に鼻周りやTゾーンは見える部分でもあるので、フェイスパウダーをしっかりと重ねて、崩れにくいベースを作っていきましょう。

マスクメイクのやり方【2】アイメイク

 

shihoさん(@shiho.34)がシェアした投稿 -

マスクメイクで唯一しっかりと見える部分が、アイメイクです。目元だけで自分の印象を作っていく必要があるので、こだわりながらメイクしていきましょう。

■アイシャドウ
メイクに華やかさを与える、唯一のアイテムです。パール感の強いものやラメ感がしっかりしているものを選ぶと、それだけで顔が一気に華やかになります。

目元にグラデーションを作ることで、奥行きが出て目力を出すことができます。いつも通りのメイクにプラスして、目の上の部分にラメを乗せると、立体感と華やかさを追加することができますよ。

■アイライン
アイラインは、目元の印象を作るために重要なパーツです。目元はマスクにかかっていないから、と考えてしまいがちですが、マスクから漏れた湿気が目元にかかって、崩れてしまう可能性があります。アイラインをする場合は、必ず崩れにくいものを使うことで、パンダ目を防ぐことができますよ。

■マスカラ
マスクメイクでのマスカラも、アイライン同様に崩れにくいものを選ぶことをおすすめします。さらに湿気でまつげが下がりやすくなります。カールキープ力の高いマスカラを使うか、マスカラ下地を利用すると綺麗なまつげをキープすることができますよ。

マスクメイクのやり方【3】リップ

 

sugumoさん(@sugumo_official)がシェアした投稿 -

マスクメイクのリップですが、ほとんど見えていない部分になります。マスクは口を覆うものなので、色のあるものをつけてしまうと、マスクに色が映ってしまい、外から見ても色がわかってしまうような場合もあります。

できれば色が付かないリップクリームが1番いいですが、どうしてもリップを仕込ませておきたいという場合は、色が付きにくいティントを使ったり、ナチュラルに色がつく色付きリップを使ったりと、工夫をすることをおすすめします。


マスクメイクについてご紹介しました。マスクをしながらかわいいメイクをするためには、目元の印象をはっきりさせることが大切です。湿気で崩れてしまわないように、対策をしながらマスクメイクを楽しんでくださいね。