LOVE

プルースト効果について知ろう!日常生活に香りを活かす方法も公開

「ブルースト効果」という言葉は、あまり馴染みがない言葉かもしれません。もし知っているという人がいるならば、元々アロマテラピーやお香が好きで、積極的に生活の中に取り入れている人なのではないでしょうか。「プルースト効果」とは香りに関する作用を意味しています。今回はこのプルースト効果について詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「ブルースト効果」という言葉にはどんな意味があるの?

花の香りをかぐ女性1

普段の生活で香水の匂いや花や植物の匂いを嗅ぐことで、昔の記憶がよみがえってきたという経験はありませんか?そしてその当時の感情や光景が目に浮かび、懐かしい気持ちになるものです。このような香りでその時の記憶が蘇ることを「ブルースト効果」と呼ぶのです。

そして、ブルーストという名称は、フランスの作家のマルセル・プルーストに由来しています。ブルーストの有名な作品の『失われた時を求めて』という半生とかけて書いた大作から発生した言葉です。

主人公が口にしたマドレーヌの味がきっかけとなり、自分の幼少期に紅茶にひたしたマドレーヌの匂いとともに、その頃の家族の思い出が脳裏によみがえる、というシーンがありました。

この現象が、「香りによって記憶がよみがえること」をプルースト効果と呼ぶきっかけになりました。ブルースト効果は別名「ブルースト現象」とも呼ばれます。

「ブルースト効果」が起こるメカニズムとは?匂いがもたらす効果もチェック

花の香りをかぐ女性2

日常の中で、いい香りで昔の記憶が蘇ってきてフラッシュバックするという出来事がたまにあるという人も多いと思います。

例えば、仲のよい人がいつも好んでつけている香水の匂いと覚えていて、道で誰かとすれ違ったときにそれと同じ香水の香りがすると、その友人のことをつい思い出してしまう、という例があります。

「ブルースト効果」とは人間の体でそのようなことが起こっているのでしょうか。匂いと記憶の関係について見てみましょう。香りは人間の脳に深く関連しています。

匂いと鼻でかぐと人間の脳の海馬を活性化させます。海馬は短期の記憶を司る場所で、その海馬から脳のあらゆる場所に匂いの情報が伝わり格納されます。

研究の論文によると、匂いを嗅いだときの刺激でその匂いと結びついた記憶を一緒に引き出す効用があるということなのです。しかしまだまだその関連には謎が多いとされています。

いい香りを嗅ぐことでどんな効果があるのか、という「プルーストエフェクト」について見ていきます。香りは昔の懐かしい家族との思い出がよみがえって懐かしく感じたり、昔の彼氏・彼女を思い出しノスタルジーに浸るなどの影響があります。

またその他に匂いと記憶の関係を利用して、試験勉強の暗記に役立てるという方法・アロマプルーストの効果を使って認知症の治療に活用など、社会的にもいろいろと実証されています。

「ブルースト効果」を使って女子力を上げる方法

花束とお菓子

ブルースト効果と積極的に活用することで、自分の恋愛や好きな人へ活用することができたら、とても嬉しいですよね。ここでは、アロマのプルースト効果を使った女子力アップの方法についてみていきましょう。

アロマプルースト効果の特徴は、香りの記憶は不快な匂いよりも心地よい匂いが感情特性を持ちながら記憶されやすいとされています。

つまり、いい香りはいい記憶となり、悪い香りは悪い記憶と結びつきやすいのです。さらに複雑な匂いより単純な匂いのほうが記憶に残るという研究論文もあります。

恋愛でアロマの効果を発揮させるには、複雑な香りよりシンプルな香りの香水などを使うことをおすすめします。強すぎても不快感になってしまうので注意が必要です。また、TPOで香りを使い分けるということも効果的です。香水だけでなくルームフレグランスや、寝室に使う洗剤や柔軟剤など、TPOによって使い分けましょう。

「ブルースト効果」を普段の生活や恋愛に活かす方法

花とキャンドル

アロマのプルースト効果のメカニズムを使って、普段の生活にも活かすことはできるのでしょうか。その方法があれば知りたい、という人もいると思います。ここでは、プルースト効果の具体的な使い方を見てみましょう。

恋愛においてですが、臭覚を使う方法はとても有効だと言われています。彼氏が機嫌がいいときや楽しい話をしているときなどに、特定の香りをさりげなく嗅がせるという方法があります。

このポイントは強引に嗅がせるのではなく、あくまでさり気なくすることです。何回か繰り返すと相手の無意識の記憶にその時の感情も同時に記憶されるのです。後で必要な時に同じ香りを相手に嗅がせると、その時のプラスの感情が引き出せるのです。

また受験や資格試験で暗記をするときにも、この香りの効果を利用してみましょう。暗記をするときにい香り付きの消しゴムの匂いを嗅ぎながら記憶する・特定のアロマオイルの香りを嗅ぎながら暗記する、などです。約10%ほど記憶力がアップするという研究結果も出ています。


今回は「ブルースト効果」という言葉について、その意味と日常生活で有効的に使う方法などについて解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。香りはいつも私たちが何気なく日常に取り入れて楽しんでいるものです。香りは人間の記憶を呼び起こし、感情にも密接に関係しています。このブルースト効果を活用して、もっと生活の中に香りを取り入れて楽しんでみましょう♪