LIFESTYLE

美容と健康に紅茶がいいって本当?紅茶の種類と選び方・効能なども解説

紅茶は古くはヨーロッパを中心に飲まれてきたお茶で趣向品としても、その人気が高い完全発酵のお茶です。綺麗な琥珀色の紅茶はその香りをかぐだけでも、リラックスしますね。また一緒に食べるお菓子や軽食も、魅力の一つで、イギリスでは朝昼晩以外にも午前や午後に、そして起床後にも飲む習慣があります。

今回は私たちの身近にある飲み物・紅茶にスポットを当てて、詳しく解説していきます。紅茶の種類やその魅力や楽しみ方、そして自分に合った選び方や効能についても、ご紹介しますのでぜひチェックしてみてくださいね。

世界の紅茶の種類①:セイロン紅茶とダージリン紅茶

紅茶とミント

紅茶は世界中の国々で生産されています。各国や地域の土壌や気候の特色を活かしてさまざまな茶葉が生産されています。紅茶を購入するときにその種類の多さに驚き、迷ってしまう人も多いと思います。

人気の紅茶の種類とその特徴についてご紹介します。


■セイロン紅茶

セイロン紅茶とは現在のスリランカで生産される紅茶のことです。セイロンは古い呼び方でそのまま現在まで使われています。セイロン紅茶の特徴は、バランスがとれている紅茶ということです。海外から日本に輸入されている紅茶の60%がセイロン紅茶と言われています。

癖のない味でデイリー用の紅茶としてピッタリです。飲み方はストレート・ミルクティ・アイスティ・フルーツティなど何にでもアレンジできて美味しく飲める紅茶なのです。


■ダージリン紅茶

ダージリン紅茶はヒマラヤ山麓の町のダージリン地方で生産されている紅茶です。標高が高いので茶園が多く存在しています。急な斜面で生産される紅茶は品のある香りと高貴な香りが特徴です。世界的に有名な紅茶です。

世界三大紅茶の一つとしても知られていて、その香りから紅茶のシャンパンをも呼ばれています。オススメの飲み方はやはり香りを生かすためにストレートが良いでしょう。

世界の紅茶の種類②:アッサム紅茶とアールグレイ紅茶

紅茶とお菓子

多くの販売店や喫茶店・カフェなどでも人気のアッサム紅茶とアールグレイ紅茶についてもご紹介します。


■アッサム紅茶

アッサムはインドにある地方で高温多湿で降雨量が多い地域です。インドは世界的な紅茶の産地で多くの茶葉が世界中に輸出されていますが、その中でも約半数がアッサム紅茶と言われています。

アッサム紅茶の特徴は、色が美しい濃い赤の褐色で、そのテイストはとてもインパクトがある濃厚な味です。紅茶は採れる時期により呼び方が変わります。乾季の時期に収穫される最高品質のアッサムのセカンドフラッシュは独特の甘い香りで、大変人気があります。モルティフレーバーとも呼ばれます。

アッサムティの飲み方は、ミルクティが特に美味しいのでオススメでうす。紅茶の香りが強いので、ミルクの香りにも負けない濃厚さが生かされた味わいになります。


■アールグレイ紅茶

紅茶にフルーツや植物の香りを付けたものを、フレーバーティと呼びます。アールグレイ紅茶は柑橘系のベルガモットで香り付けをした紅茶です。華やかでかつスッキリとした香りが特徴で、その香りにうっとりしてしまう紅茶です。

アールグレイの名前は「グレイ伯爵」を意味しています。イギリスの元首相のチャールズ・グレイに由来していると言われています。アールグレイ紅茶のオススメの飲み方は、ストレート・アイスティなどです。香りを生かした飲み方がgoodですよ。アールグレイ紅茶はトワイニング社やフォートナム&メイソン社などが有名です。

紅茶の選び方とオススメの飲み方♡気分に合わせて選んでみよう

アイスティ

紅茶はたくさんの種類があるので、自分でいれて飲むときにどうのようにして選ぶのかが分からず、迷ってしまいがちですね。ここでは紅茶の選び方のポイントについて見ていきましょう。

まずは、レモンティが飲みたいときの紅茶の茶葉の選び方をご紹介します。レモンには植物酸が含まれています。そして酸性のため紅茶の色を薄めてしまいますので、紅茶は濃く出るものを選ぶと良いでしょう。ディンブラやニルギリがおすすめです。そしてレモンはあまり長く紅茶にいれておかずに、すぐに取り出すということも大切なポイントです。

次に、ミルクティを飲みたいときの紅茶の茶葉の選び方についてご紹介します。ミルクティの場合は、ミルクの濃厚な味に負けないようなタイプの茶葉が合います。アッサムやディンブラ、メニア、ウバなどが特にオススメです。

紅茶を飲むことで期待できる効能や効果とは?紅茶を飲んで美しくなろう♡

イングリッシュ・アフタヌーンティ

紅茶は主に趣向品として飲まれるものですが、体に対しての効能や効果も気になりますね。遠い昔にはヨーロッパでは東洋の神秘薬として伝承されたそうですよ。ここでは、紅茶を飲むことで得られる効能などについてチェックしていきましょう。

紅茶に含まれる主な成分は、カフェイン・タンニン・カテキン・フッ素・テアニン・サポニン・ビタミンB群・カロテンなどです。お茶の多くに含まれるカフェインは脳を刺激して眠気を防いだり、作業効率と良くしたり運動能力を高めます。また脂肪燃焼や新陳代謝を促する効果も期待出来ます。

また虫歯予防に効果があるとされる成分のフッ素の量が緑茶の3倍もあると言われています。タンニンはポロフェノールの一種ですので、抗酸化作用があり生活習慣病の予防に繋がります。さらに紅茶には脱臭や皮膚の細菌を取り除く効果もあるとされています。入浴剤の代わりに使ったりうがいに使ってもいいですね。


今回は紅茶についてさまざまな事をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。たくさんある茶葉の中から、どうやって選んだらよいのかやその効果・効能についても見てきました。紅茶を飲むとその香りに癒されて、リラックスしますが含まれる成分も体に良い物がたくさん含まれています。

紅茶の選び方で、紅茶が美味しくいれることができます。ぜひ自分好みのピッタリの紅茶を見つけてみましょう!